シリコンバレー流ビジネスプランコンテストGTE

将来の夢を考えるとワクワクしたり、不安になったり。でも夢を夢で終わらせないぞ!という努力する高校生を応援するブログです。高校生の英語でビジネスプラン作成サマーキャンププログラム。最終日は英語でプレゼン発表。シリコンバレーのプロ外国人講師が密着指導!

カテゴリ: GTE2016第3日目

HELpMET  (Ryutaro,  Ayano,  Akikuni,  Tomochika,  Sufwen)の
チーム発表です! 
 

ジャストン先生:
次のチームはHELpMETです。
 
Ryutaro:
皆様、僕たちはHELpMETです。僕たちが話したいのは… 
命はご存知ですよね。命とは何でしょう
か? 

すべての人々にとって最も重要なものです。
当然命はとても大事なものです。

考えて頂きたいのは、大地震のような
何らかの災害に遭遇したとき、皆様はどうしますか? 
自分で自分の命を守ると思います。これを見てください。

もう一度考えて見てください。
こんなことが起きたときいつでも自分を守れるのか… 
その答えは「ノー」です。なぜか? 
それを保護するのは、ええと…

地震を予知することはできません。どうなるのか? 
こういったことは役立ちません、必要ない。
僕たちがとても大事だと考えていることは… 
ええと、ここにとても大きなビジネスチャンスがあると思っています。

僕はCEOのRyutato Hagimotoです。
僕たちの考え… プレゼンテーションを紹介します。
HELpMETという製品です。
 
Akikuni: 
必要なソリューションは、たくさんの機能を持つ防災頭巾です。
デザインが良くなれば、みんな使いたいと思うでしょう。
例えば、今日ではこのようなタイプの防災頭巾が
日本の小学校で使われています。
僕たちはこれをみんなに使ってほしい。
どの年代の人にも使ってほしい。

防災頭巾に、非常持ち出し袋の機能を持たせます。

僕たちはすべての人を顧客と考えます。
すべての人に防災頭巾を使ってほしい。
そうすればみんなの命を救うことができます。
 
Tomochika:
僕たちの製品のポイントは、使いやすい、
どこでも使うことができる。安全。
いつでも守ることができる。強い。
どんな状況でも使うことができる。コンパクト。
ええと… どこでも持っていける。多機能。
色々な機能を使うことができる。ファッション。とても良い。
 
Sufwen:
これがHELpMETです。僕たちは、ええと… 
この防火服のようなもので。
非常に高い対火性があります。このようなもの。
 
Ayano:
私たちはSNSなどのソーシャルメディアを使って
この製品を宣伝します。
例えば、Facebookの個人アカウントを使って
HELpMETのアイデアをシェアするなどして。
そうして、たくさんの人がこの製品を知ることになります。

最後に、なぜ私たちがHELpMETを提供するのかについて。
その理由は、ええと… たくさんの人が地震に備えることで、
地震に対してポジティブなイメージに変えることで、
地震のネガティブなイメージを変えたいからです。
言い換えると、私たちがやりたいことは、地震に備えることです。
 
HELpMETは、皆様がヘルプを必要としているものです。
皆様が必要なものです。だから、HELpMETです。
ありがとうございました(拍手)。

________________________


本当にお疲れ様でした。このチームは男子4名、女子1名のグループ。
意見をすり合わせるのに、とても苦戦しつつも、最後までよく
話し合いを諦めずに努力し続けました。

最終的にHELpMETという防災頭巾の商品イメージを発表しましたが、
このアイデアに至るまでにグループでは、様々な意見が飛び交い、
この防災頭巾自体のアイデアも却下する場面があったり、、、、
周りで見ていて変にアドバイスで仲介に入ってしまっては
いけないと思い、距離を置いて見守っていました。
そしてこの発表に至ります。

高校生は大学生と違い、妥協し合う社会性というものが
まだまだ育っていないため、殴り合いの喧嘩にはならないものの、
一生懸命自分自身の意見をぶつけ合い、そして妥協する点を探し、
妥協するということは諦めることではなく、両者の最高の形を
見出すということをこの2泊3日で学んだチームだと思います。



********************************************************

一般社団法人カピオンエデュケーションズ主催: 

高校生のビジネスと英語のサマーキャンプ 
GTE2017イノベーションチャレンジは申し込み受付中!詳しくはこちら


Twitter: 公式ツイッターGTE

facebook: GTEの公式FACEBOOK      


Enablebot  (Kensei,  Olivia,  Tamami,  Riku)のチーム発表です!

 

ジャストン先生:
次の製品はEnablebotです。
 
Kensei:
こんにちは!僕たちはEnablebotです。
Enablebotは、障害のある人とのコミュニケーションを可能にします。
Enablebotは障害のある人のためのものです。

Enablebotは、感覚に障害のある人向けの低コストロボットです。
Enablebotはものを見、声を聞くことができます。
目を閉じて、目が見えない人のことを想像してみてください。
そして、ええと…

Enablebotはこの問題を解決します。詳しく説明しますね。
Enablebotは、感覚に障害のある人が、
それ以外の人とコミュニケーションするためのものです。
それ以外の人とは、健常者のことです。健常者は、
感覚に障害のある人とコミュニケーションするのを
難しいと感じています。

表情やジェスチャーなどが通じないので。
でも障害のある人は見えなくて… ええと、そういうことです。

それから障害のある人は… 何と言うか、ええと… 
障害のある人向けの製品を持てば、ええと… 
コミュニケーションをサポートできます。
 
 
Tamami:
私たちのソリューションは、マルチメディアの通訳者です。
このロボットは、視覚認識のための360度カメラを持っています。
ここはフルHDスクリーンになっています。
音声認識のためのスピーカーとマイクもあります。
これは据え置きするための足になっています。
それからクラウドAIを利用するためのLTE通信があります。
 
Olivia:
最初に聴覚障害のある人の問題を解決したいと思います。
誰かがこのロボットに話せば、ロボットは音声をテキストにして
スクリーンに表示します。なので、
聴覚障害のある人でもその人が話したことを理解できます。


それから視覚障害のある人は、障害物を見つけることができません。
でもこのロボットは360度カメラで障害物を見つけて、
視覚障害のある人に、何と言うか、
何か危険なものが近づいているよと知らせることができます。

それから社交不安障害のある人向けに、
もしこの人がどこか外に出てとてもナーバスになったら
このロボットを使います。

ロボットは360度カメラでその人の表情をスキャンして、
その人が何を感じているかを人に知らせることができます。
 
 
Riku: 
Enablebotの3つの圧倒的な優位点を説明します。
1つ目は、簡単なユーザーインターフェースを備えていることです。
カメラを使うとき… ええと、Go Proはご存知ですか? 

Go Proはスポーツで使うときの小さなカメラで、
EnablebotはGo Proのように使うことができます。
Enablebotはセットアップを必要としません。


2つ目は、LTEインターネットに接続できる点です。
Enablebotはどこででもソフトウェアをアップデートできます。
そのEnablebotに入っていない機能を使うこともできます。

3つ目は、双方向コミュニケーションが可能なマルチメディアを
備えていることです。このロボットは… 
その、ええと… すみません、このロボットは
3タイプのメディアを使うことができます。
視覚、音声、感情の3つです。
またテキストと音声を出力することができます。
 
Kensei:
僕たちの製品にはたくさんの競合がいます。
障害のある人の福祉のためのたくさんのロボットがあります。
でもそのほとんどはモビリティに集中していますが、
僕たちは感覚に焦点を当てています。モビリティはとても高価で、
例えばJACOのロボットは33,000ドルもします。
WHILLはとてもリーズナブルな電動車いすで、1,000ドルくらいです。

Enablebotは、初期費用として300ドルと、
通信費用として毎月100ドルを頂きます。
とてもリーズナブルです。

Enablebotは他の障害のある人向けのロボットと比べてマルチメディアが使えます。

ファイナンスについて話したいと思います。
初期費用が300ドルで通信費用が毎月100ドル。
売上目標は、1年目は100台です。
このために400ドルの投資が必要です。

次に利益とコストについて話します。
総利益が324,000ドルですが、負債がとても大きい。
294,000ドルの予定です。80%が負債に依存しています。
だから2年目はもっと成長しないといけなくて、
そうでないと売上がストップしてしまいます。
もし僕たちの会社が大きくなれば、ロボットを量産することで
初期費用を下げることができます。僕たちはもっと大きくなれます。

以上です。最後に、僕たち自身を紹介します。
僕はCEOのKenseiです。ええと… 
僕は障害のある人向けのロボットというアイデアを出しました。
 
Riku:
CTOのRikuです。僕はEnablebotの設計を行いました。
 
Olivia:
COOのOliviaです。私は障害のある人向けのさまざまな機能を開発しました。
 
Tamami:
CFOのTamami Oharaです。私はロボットのプロトタイプを作りました。
 
Kensei:
これが最後のメッセージです。Enablebotは障害のある人との
コミュニケーションを可能にします。ありがとうございました!(拍手)

 
Kensei:
OK.


Matsunaga:
ありがとうございました。知りたいのは、誰が優先的な顧客でしょうか? 
どのような顧客を考えていますか?
 
Kensei:
顧客ですか? OK. そうですね・・・
 
Olivia:
おそらく、職場で私たちのような健常者と一緒に
働きたいと思っている人だと思う。
 
Matsunaga:
そうなると… このビジネスはB2C?
 
Kensei:
はい。 他に質問は?

審査員のどなたか:
この製品のサイズと重さはどのくらい?
 
Kensei:
サイズと重さ? OK. ええと… 重さは1kgくらい。
サイズは… だいたい15 cm x 15 cm x 15 cmくらい。

Soga:
他に質問ありますか? OK. Thank you Enablebot. (Applause)

__________________________________


Enablebotの皆さん、プレゼンテーションお疲れ様でした!
今日のブログの文量は少ないですが、そのことからも気づいたのですが
英語でのプレゼンテーションは、慣れた日本語でないことからか、
話す言葉を慎重に選び、余計な説明をするまでも気持ちにも
話すスキルも余裕がないためか、ストレートに良い意味で発表
出来ています。ですので、無駄がないため15分のプレゼンテーション
のところ、あっという間の5〜8分で発表が終わってしまう。。。
ということです。とても一生懸命発表する気持ちが伝わって来ました。
みなさんお疲れ様です。明日も残り2チームの発表が続きます。

 
********************************************************

一般社団法人カピオンエデュケーションズ主催: 

高校生のビジネスと英語のサマーキャンプ 
GTE2017イノベーションチャレンジは申し込み受付中!詳しくはこちら


Twitter: 公式ツイッターGTE

facebook: GTEの公式FACEBOOK      

Ucollar  (Rui, Yugo,  Haruhi,  Yoshiya,  Shae)のチーム発表です。

 

Rui:
ご来場の皆様、ご参加頂きありがとうございます。
ここで一つ質問をしたいのですが、
皆様がペットを飼っているとして… 
ええと、僕はペットを飼っていて、
ゴールデンレトリーバーを飼っているのですが、
彼はいま僕の家から脱走しています。
何度も脱走しているんです。
今日は24時間、彼の面倒を見られない。
だから、何と言うか、もう同じことで悩みたくなくて。

僕はCEOのRui Miyabeです。皆様ご注目ください。
僕たちは、この2日間でやってきたことを説明します。
僕たちの会社はUcollarと言います。
 
 
Yugo:
僕はCFOのYugo Hiroseです。
僕たちのスローガンと商品をご紹介します。
最初に、僕たちのスローガンは安全な社会を作ること。
Ucollarの意味は、あなたとあなたのペットにとっての
究極の色だということです。
 
Shae:
こちらが私たちが取り組む問題です。
夜にペットを探すのは難しいことがあります。
だから色付きの光を付けます。また犬が逃げたとき、
GPSも無しに探すのは大変です。
だから色付きのGPSを付けます。
ペットが一人で留守番をしているとき、
私たちは彼らがどう過ごしているか分かりません。
だから色付きのカメラを付けます。
ペットが病気になったとき、何が悪いのか気付くのは難しいです。
だから色付きの体温計を付けます。
 
Yoshiya:
製品に使われているこれらの部品は、
ペットの健康のために使われています。
これは360度カメラ。ナースステーションで使われているもので、
ふつうのカメラより詳細に見渡すことができます。
これはELシート。GPSは… 
ええと、スマートフォンに使われているものです。
これで私たちは、いつでもペットの健康と位置をチェックすることができます。
 
Yugo:
部品を組み合わせてみましょう! これが僕たちの製品イメージです。
 
Rui
色のコンポーネントは…
なぜ僕たちがELシートを使うかというと、
理由は簡単で。周りのものを良く見えるから。
ELシートはすごくフレキシブルで、LEDの光などに使われている。
とてもとてもエネルギーのあるものなので、光に色を付けるために使う。
 
Yoshiya:
僕たちは… アプリを使います。これがアプリのイメージ。
ペットが家にいるとき、iPhoneで… 緊急事態のとき… 
家にいないとき、緊急事態は予測できない。
だから緊急事態に備えないといけなくて。
これは、だから… 言いたいのは… このアイコンは… ええと、その…
 
Haruhi:
私たちは、資金源として「gofundme」と「Cloud Funding」を使います。
 
Shae: 
どうやってUcollarを作るお金を集めるかというと、
私たちは(クラウドファンディングで)潜在的な投資家を見つけて、
100,000ドルの資金を集めて会社の資本の10%を譲ります。
このお金を製品の最初の出荷と宣伝のために使います。
 
Haruhi:
これによって世界中のパートナーを見つけます。

ではUcollarをどう作るのかというと、
私たちはテクノロジーベースの会社です。
この会社で、動物に必要な安全性に基づいたカメラとGPSを作ります。
 
Shae:
Ucollarをどう宣伝するかというと、
感情に訴えるコマーシャルを作ります。
犬を飼っていて、愛犬を家族の一員のように思っているけれども、
良く脱走する犬を飼っている人たちは、
もうペットを手放したくないと考えています。
だから私たちは、犬を見つけたり、
犬の世話が必要な人たちに向けたコマーシャルを作ります。
これが私たちのコマーシャルです。
 
Rui:
Bow-wow!! Bow-wow!!
 
Yoshiya:
プルルル… 電話しなきゃ。 
…あれっ、犬がいなくなったぞ! 
Ucollarを持っているんだった。ピピピ… 
こっちかな? いた! やったー!!
(YoshiyaとRuiが抱き合う、会場笑い)
 
Rui and Yoshiya:
Ucollar, とってもイイでしょ!(会場笑い)
 
Yoshiya:
もう一度Ucollarについて強調したいのは… 
ええと、4点あります。Ucollarのすごいアイデアについて。
ええと… 1つ目は、ええと… すみません、
1つ目は、この光とGPSを使えばより効果的にペットの
安全を得られるということです。
2つ目は… ええと、セキュリティシステムによって
ペットの安全を確保することです。人間を助けて… 
ええと、3つ目、3つ目は… リスクを避けられるということで… 
それから、ええと、Ucollarは必ずお金を稼いで、
ええと… 全世界のベストな顧客に提供します。
 
Shae:
私たちのプレゼンテーションをご覧頂きありがとうございました。
お楽しみ頂けたでしょうか。ぜひ私たちのことを覚えてください。
Ucollarは、…
 
Rui, Yugo, Yoshiya, Haruhi, Shae:
Ucollarは、「あなた」と「あなたのペット」に
とっての究極の色を作ります!(拍手)


Soga:
ありがとうございました。それでは審査員の皆さまご質問を。
 
 
審査員のどなたか:
うちの猫は光が嫌いで…(質問が分かりづらく、正確でない可能性あり)
 
Shae:
Ucollarはとても軽くて細い材料で作るので、
とても細いし軽いです。だから他の動物にとっても快適だと思います。
 
審査員のどなたか:
ありがとう。

審査員のどなたか:
ありがとうございました。
皆さん自身で製品やサービスを開発するとき… 
ええと、それができなくて… 
ええと、どうやって製品を作り上げますか?
 
Shae:
もし寄付が得られなければ、投資家を頼るしかないと思います。
寄付が良いのですが、そうなったら、
追加の資金を得るために投資家を探します。
 
審査員のどなたか:
将来のビジネスモデルは?
 
Rui:
アプリは無料です。利用者は
アプリとUcollar製品を組み合わせて… 
この製品は少し高めの値段設定です。
だけど、ええと… アプリは無料だけど利用料は取るかも。
 
審査員のどなたか:
ええと、どうやってお金を得る?
 
Shae:
製品の売り上げの他に、ペット向け製品を作っている
会社などから広告料を取ります。
ペット向け製品を作っている会社は、
アプリ上に広告を載せるためにお金を払います。


審査員のどなたか:
1つだけ。Ucollarを買います(会場笑い)。
 

*************************

Ucollarの皆さん、お疲れ様でした!
初めて英語でプレゼンする生徒もいれば、プレゼン自体が初めてだった
こともあり、ええと...ええと...ええと...
ええと...が続くこともところどころありました。
審査員の方の中にも、ええと...がありましたね。

普段使わない英語での発表とプレゼン発表会自体、
全てがチャレンジ。このブログは日本語翻訳されたものを
UPしていますが、基本的にこのビジネスプランコンテストは全て
英語でとりおこなわれたので、会の進行自体が
ちょっとギクシャクした感じもありましたが、
会が進むにつれて自然な流れになっていました。

Ucollarの場合、実際にPOC(コンセプト実証)まで行って
いないので、本当のビジネスであれば、POCが出来てから
クラウドファンディングのステージになると思いますが、
そこはまだビジネスの経験がない、ビジネスプラン自体
初めてかく高校生には大変ハードルが高かったと思います。
はじめの一歩、それに対しては大変良い出来だったと
思いませんか?



********************************************************

一般社団法人カピオンエデュケーションズ主催: 

高校生のビジネスと英語のサマーキャンプ 
GTE2017イノベーションチャレンジは申し込み受付中!詳しくはこちら


Twitter: 公式ツイッターGTE

facebook: GTEの公式FACEBOOK      

さあいよいよビジネスプランコンテストの始まりです。
みんな一生懸命プレゼンテーションの練習をしてきましたが、
どんな発表となるでしょう・・・。

グループの中には、徹夜しながら資料をまとめようと
みんなで力を合わせていたり、ドキドキして眠れなかったという
人たちもいます。

みなさん、是非高校生みなさんの発表を暖かな目で
見守ってください。

_____________________
 
みなさん、お集まり頂きましてありがとうございます。
それではGTE2016ビジネスプランコンテストを開催します。

開催にあたりまして、審査員の皆様のご紹介をさせていただきます。 

Ichikawa:
一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター理事長の市川です。
今回私は3日間、一昨日から参加しています。
高校生の皆さんがまったく初めて会った中で、
3日間でどれだけ成長したかをこの発表会で見ることを楽しみにしています。
よろしくお願いします(拍手)。
 
Adachi:
グローバルMOTテクノロジーベンチャーズの安達です。
私はずっとVCのビジネスを15年しており、
仕事柄ビジネスプランの相談などをしていますが、
高校生のビジネスプランは今日初めて。
期待をしているのでぜひ皆さんよろしくお願いします(拍手)。
 
Fujima:
中小企業基盤整備機構の藤間です。今日は本当に、
高校生たちのプランを大変楽しみにして、
ずいぶん前から待っていました。
ぜひ元気ある発表を楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします(拍手)。
 
Matsunaga:
皆さんこんにちは。NEDOの松永です。2日間皆さんと過ごしたが、
皆さんの成長ぶりがすごくて、目を見張るものだと思います。
今回は皆さん、たぶんニーズから来るような発表だと思います。
ぜひ今後このプランを大学に進学してから、
ニーズを持ってNEDOのプログラムにも応募して下さい。
ぜひがんばって下さい(拍手)。
 
Yasutomo:
皆さんこんにちは。ブラザー工業の安友です。
民間企業の者ですが、私自身1992年に通信カラオケ、
JOYサウンドを立ち上げた経験があります。まったく
新しい事業をゼロからやるというのは非常にある意味大変だが、
今日は皆さんのアグレッシブなプレゼンを楽しみにしています。
よろしくお願いします(拍手)。
 
Azuma:
日本総合研究所の東です。本日は非常に高校生の発表を楽しみにしています。
このような経験はできる限り若い頃から経験、トレーニングしておくと、
後々の人生がずいぶん変わると思います。今日の経験を基に、
今後更に成長して下さい。今日は楽しみにしています。よろしくお願いします(拍手)。
 
Takeda:
私は地元で化学品メーカーをしているセイカ株式会社の竹田です。
こういった審査をするのは初めての経験で。
高校生の皆さんの夢のある発表を期待したいと思います。
どうぞよろしくお願いします(拍手)。
 
Soga:
審査員の皆様、今日は宜しくお願いします。 
次に紹介するのはジャストン先生です。
彼はGTE2016のためにシリコンバレーからやって来ました。
ジャストン先生、宜しくお願いします。
 

 
ジャストン先生:
GTE2016にお越し頂きありがとうございます。
私はとてもワクワクしています。生徒たちには大変な作業でしたが、
強い熱意とエネルギーでここまでやってきました。

思い出して頂きたいのは、
生徒たちはたったの2日間しかなかったということです。
1日目ではアイデア出しに注力し、2日目はアイデアの発展と
プレゼンテーション作りに注力しました。
生徒たちはまだAppleでもGoogleでもFacebookではありません。
スタートアップを始めた段階です。

これから生徒たちが、皆様にプレゼンテーションを行います。
とてもワクワクしています。彼らにとってはとてもエキサイティングな
経験になるでしょう。彼らはこれからプロフェッショナルに成長し、
シリコンバレーでピッチをすることがあるかもしれません。
シリコンバレーでは全員が起業家を応援しています。

生徒たちは皆様にプレゼンテーションを行います。
彼らは一生懸命プレゼンテーションの準備をしてきました。
革新的な素晴らしいアイデアを発表し、
マーケティング、ファイナンス、マネジメント、
戦略について述べるでしょう。
彼らは英語でこれをやってきました。
とても苦労しました。
とても難しい挑戦でした。
しかし彼らは素晴らしい生徒たちで、私は誇りに感じています。

審査員の方々は、チームの得点を書く際には
名前と会社名をページに記入してください。
どのチームのものか混乱するので。
各ページの上に会社名を書いて頂ければ
取り違えないのでご協力ください。

皆様のご協力と、能登さんの協力に感謝します。
みんな必死だったから。

それからすべてのスポンサーとスタッフに感謝します。
特に生徒や私を助けてくれて、通訳をしてくれたスタッフに感謝します。
彼らがいなければこのプログラムを理解することも、
この場に立っていることもできなかったでしょう。
生徒たちはしっかり成果を見せてくれます。
それが彼らからのお返しです。
また、生徒たちは世界で働き、
成果を出してくれるでしょう。
ありがとうございました(拍手)。
 
 
Soga:
さきほど会社名とあったが、私も会社名を知らない。
ここで初めて会社名を聞きます(会場笑い)。
ジャストン先生は、関係者にはあまり種明かしをしないで、
生徒たちとだけ向き合い、今日まで準備されてきました。
ですので、私たちスタッフは、内容まで詳しくは教えてもらって
おりません。
ということで、まったくのアドリブでのだが理解してほしい。

ジャストン、準備は大丈夫? OK. 最初のチームはここに来てください。


____________________

後日談になりますが、このGTE2016開催が決まったのがこの日から
さかのぼること4ヶ月前。このあいだに、このビジネスプランコンテスト
発表に向けて、多くの方々にご支援いただきました。
そのご支援無くして発表会を開催までこぎつけなかったでしょう。

特に、地元の方々には大変お世話になりました。
ホテルの手配から食事の手配、バスで移動することから始まり、
勉強会場でのジュース買い出しから、何から何まで。

私はこのGTE2016を開催したことがこれからの若者のためという
一心でしたが、私以上に未来のためにと力を合わせる人々の気持ちが
一つになり、そこにエコシステムが生まれたのです。
すでに和歌山にあるエコシステムが、4ヶ月でGTE2016開催まで
実現できた、そしてそこに国内外からの人たちのパワーも加わり
そこに新しいエコシステムが生まれました。
本当に素晴らしいことです。素晴らしい、素で晴れた気持ち!
文字通り素晴らしい体験を参加者と共に関係したみんなが味わうことが
できました。

コンテストの様子を明日からもブログ更新させていただきます!



********************************************************

一般社団法人カピオンエデュケーションズ主催: 

高校生のビジネスと英語のサマーキャンプ 
GTE2017イノベーションチャレンジは申し込み受付中!詳しくはこちら


Twitter: 公式ツイッターGTE

facebook: GTEの公式FACEBOOK      

 

昨日に続いてファイナンスの授業です・・・

_____________

ジャストン先生:
OK, 貸借対照表はとても複雑で、新しい用語もたくさんある。大丈夫。

ここに出て来たそれぞれの用語を見てみよう。
英語の資料を配ったよね、それを読んでみて。
それぞれについて手短かに話したい
(「UNDERSTANDING FINANCIAL STATEMENTS」と書かれた資料の4ページ目)。

資産。誰かこれを読める人は? 
リーディングの練習になるよ。(沈黙) 
じゃあ部屋を回って行こう。
Akikuni, 一番最初の用語説明を読んでみて?
 
 
Akikuni:
「資産とは、その会社が所有するあらゆる資源のこと」
 
ジャストン先生:
OK. ではAssetsってなに?
 
Akikuni:
・・・。
 
ジャストン先生:
資源。日本語ではどう言うか分からないけれど。
 

ジャストン先生:
Assetsは資源。会社が所有するもの。
分かるよね? 会社が所有するあらゆるもの。
分かった? 自分のお金で買うか、
人から借りたお金で買うかして所有するもの。
人から借りるとそれは負債になるんだったよね。

もしこの机が1,000円で、
8個買いたい場合はいくら支払わないといけない? 
8,000円だよね。

でも僕の財布や預金にはやっと2,000円があるだけだとしたら、
どうやってあと6,000円を調達する? 
どこから調達する? Rei, 君から? 
君は銀行かな? OK, Reiは銀行で僕はReiからお金を借りる。
ありがとう、Rei. Reiは僕に6,000円を貸して、
自分の2,000円を足せばこの机ぜんぶを買えるようになる。

そうするとどうなるか? 僕の貸借対照表を見てほしい。
いま僕は、資産として8,000円の備品を持っている(黒板に板書)。また一方の貸借対照表の負債では、僕はいくらの負債を持っている?(黒板に板書)
Liabilities。さっきの話で言うと借金はいくら?
 
ジャストン先生:
6,000円だよね。
「Juston, 待ってよ。さっき君は机ぜんぶで8,000円だと言ったじゃないか!
8,000円と6,000円はイコールなの?」そんなことはない。
じゃあ僕は残り2,000円をどうやって支払うのか? 
6,000円はRei銀行から借りて、あと2,000円はどこからだったか思い出して。
自分のお金だよね。それが純資産(黒板に板書)。
2,000円プラス6,000円イコール8,000円。何も難しいことはない。分かったかな? 
うん、いいね。

この調子で次に行こう。Sufwen, 負債について読んでみて。大きな声で、自信をもって。
 
Sufwen:
OK, 「負債とは…
 
ジャストン先生:
Debt.
 
Sufwen:
…会社の借入金と債務を表す」
 
ジャストン先生:
OK. 負債とは会社の借入金と債務を表す。
負債とは誰かから借りたもの。これで考えてみよう。
貸方と借方は同じ金額だよね。僕はRei銀行から6,000円を借りた。
ありがとう、Rei. Rei銀行はこれからお金を得ることになる。
なぜかというと、Rei銀行は毎月、毎年、利子を付けるから。
Rei銀行は「6,000円の5%の利子を支払ってね」と言う。
 

 ジャストン先生:
僕はRei銀行に借りたお金ぜんぶと利子分を返済するまで返済することになる。

OK. 次に行こう。ここを読んでみて?
 
生徒:
「純資産とは、資産、負債とは別のものを表す」
 
ジャストン先生:
純資産は基本的に(資産、負債とは)ちがっている。
もうみんな分かっていると思う。
純資産は、会社の所有者か投資家から来るもの。
もしくは利益剰余金。利益剰余金とは、
会社が自分自身で保有するもの。分かるかな? 
純資産は資産、負債とはちがうもの。分かった?

例を出そう。今月10,000ドルの利益を得て、
10,000ドルの現金を得たとする(黒板に板書)。
これは負債? これはどうやって得たお金? 
働いた利益から? 
(貸方と借方は)同じ金額だから、右側のどこに示す? 
(負債と純資産の)どっち? 純資産。
だから利益剰余金になるけど、いくら?(黒板に板書)
 
生徒:
(Can’t hearing)
 
ジャストン先生:
2,000? なぜ2,000と思ったの? この貸借対照表を見て。
8プラス10イコール18だよね。すべては同じ数字でなければならないよね。
だからこれは、6プラス2の… OK, そうすると8イコール18? 何が足りないかな?
 
Rui: 
10,000 dollars.
 
ジャストン先生: 
そう、10,000ドル。これはどこにあると思う? 
(資産、負債、純資産の)3つ選択肢があるよね。自分で得たお金は負債?
 
 
ジャストン先生: 
どこにあると思う? ここ(純資産)だと思う人は手を挙げて? 
10,000ドルはここにあると思う? 1人… 2人。OK, 素晴らしい。
純資産にある(黒板に板書)。

なぜかというと、この会社に出資するときを思い出してほしいけど… 
何と言うかな、僕はこの机がほしかった。
だから僕は自分のお金を入れてこの会社を創業して、
それとまたRei銀行からお金を借りた。
それから僕の会社は現金を得て会社の内部に留保した。
それは利益剰余金ということ。分かった?

次に行こう。「流動資産とは、1年以内の価値を示すもの」
必要なときに現金に換えられるもの。
これは基本的な知識として覚えてほしいけど、流動とは1年間。
固定とは1年以上の長期間。分かった? 
負債も流動と固定とに分けられる。1年間の負債は何と言う? 
流動負債。数年間の負債は?
 

生徒:
Non-current…?
 
ジャストン先生:
そう、Non-current. いいね。
 
 
ジャストン先生:
「純資産は、払込資本と利益剰余金で構成される」。
(会社を創業するとき)自分のお金をこの会社に出資する。
それからこの会社が利益を上げる。
これはとてもシンプルな貸借対照表だよね。
2プラス10プラス6イコール? 18. 8プラス10イコール… 同じ数字になっている!

「拠出資本は誰かから拠出された資金を表す」 誰? 
株主か、会社の所有者。Microsoftの所有者が誰か知っている? 
僕もMicrosoftを所有している。
ビル・ゲイツも僕もMicrosoftを所有しているんだ! 
どうやってそんなことができる? 
ビル・ゲイツは大金持ちだけど僕はそうじゃない。けれど僕もMicrosoftを所有している。
 
ジャストン先生:
なぜなら僕は株主の一人だから。僕はお金を払ってMicrosoftの一部を所有している。
けれどそれは重要じゃない。

僕はMicrosoftに投資して、Microsoftの一部を所有している。分かるかな? 
僕はMicrosoftのほんのちょっとだけを所有していて、
ビル・ゲイツはMicrosoftのかなりの部分を所有しているってこと。分かった? 
僕は株主の一人だということ。

だからもしビル・ゲイツが僕の会社に、僕の会社の銀行口座に100,000ドルを出資すれば、ビル・ゲイツは僕の会社を所有する(黒板に板書)。100,000ドルもやはり(左右)同じ数字になる。118と118.

Rui, 利益剰余金について読んでみて?
 
Rui:
「利益剰余金とは、株主に配当しない、純利益の割合を表すもの」
 
ジャストン先生:
いいね。お金が得られたら、そのお金はジャストンと、
ビル・ゲイツにあげて、それから会社内部に留保する。
配当金をあげるということ。例えば… ジャストンには少しだけ配当金をあげる。
 
Kojima:
Shareholderは株主で、Dividendsは配当金。だから、稼いだお金を株主がもらう。

 ジャストン先生:
そうなるとどうする? 配当金は… 
例えば、1,000ドルをジャストンに、
1,000ドルをビル・ゲイツにあげるとするよね。
2,000ドルのマイナス… そうだね、ええと… 
利益剰余金の2,000ドルを手放して、自己資本を買い戻すことも時にはある。
 
 
ジャストン先生:
貸方と借方の1つの例を言っていて…
 これを見て混乱するかもしれないね。
僕の高校の生徒たちは3,4か月かけてこれを覚えるから(会場笑い)。

みんなは3,4分しかやっていない(会場笑い)。
だから心配しないで。でも考えてほしいのは、
常に同じ数字になるということ。
大きな声で数字をかぞえてみて。8プラス10プラス100マイナス2イコール?
 
生徒全員:
116.
 
ジャストン先生:
いいね。もし混乱したら貸借対照表を見て。6プラス?
 
生徒全員:
12.
 
ジャストン先生:
…plus 100 minus 2 equals?
 
生徒全員:
116.
 
ジャストン先生:
116. 同じ数字だよね! こういうものが貸借対照表。
貸借対照表のすべてをやりたいかというと、それはいらない。
この授業ではいままでのようにシンプルでいい。
分かった? これが利益で、損益計算書では… 
ちょっと読んでくれるかな? どう? 
損益計算書の収益が… ええと、Kahn, 収益とは何?
 
Kahn:
聴き取れず
 
ジャストン先生:
利益と言った? 売上マイナス何?(沈黙) 
僕はこのチョコレートが大好きで、これを5ドルで売っている。
製造にかかるコストは1ドル。この1ドルのコストのことを何と言う?
 
Kahn:
(Can’t hearing)
 
ジャストン先生:
製造原価。OK.
 
ジャストン先生:
収益マイナス経費。そうなると、
例えば… Yoshiyaがキャンディを作っているとするよ。
キャンディを作るのにかかった光熱費やインターネット通信費を支払うけど、
それが営業経費。収益マイナス経費イコール利益(黒板に板書) 
利益は貸借対照表のどこに行く? 利益剰余金だよね。
さてどんどん行こう。シンプルに、シンプルに考えて。
収益マイナス経費イコール利益。とてもシンプル。これが損益計算書。

それから、どうやってお金を手に入れる? 
ビジネスが、例えば… カメラメーカーだとするよ。
カメラを作るためにはお金が必要?
 
Rui:
はい。
 
ジャストン先生:
Yes? What?
 
Rui:
To start the company.
 
ジャストン先生:
OK. 会社を始めるには… ええと、例えば、
「僕は君のカメラが実に気に入った。
年末までに100,000台のカメラがほしい」と言ったとき、
必要なお金はどれくらい? 
僕に売るためには100,000台のカメラを作らないといけない。
どれだけのお金が必要?
 
Rui:
(Can’t hearing)
 
ジャストン先生:
うん? 1台5ドル? OK, 大丈夫、大丈夫。
じゃあこう考えよう。会社は500,000ドルで何を買う?
 
生徒:
(Can’t hearing)
 
ジャストン先生:
そう。500,000ドルを何に使う?
 
Rui:
Um… (Can’t hearing)
 
ジャストン先生:
原材料ということ? 例えば製造に必要な建物とか? 
Yoshiyaはとてもうまく作れるからそのために支払うということ? いいね。

そうなるとお金が必要だよね? 
どうやってお金を手に入れる? 
もしRei銀行からお金を借りると借入金になるけど、
それは債務? 純資産?

Tomochikaがベンチャーキャピタリストとする。
Tomochikaはたくさんお金を持っていて、
さまざまな会社に投資している。彼が投資して、
投資された会社はあとでそのお金を返す。
 
ジャストン先生:
みんなには2通りの資金調達方法がある。債務か…?
 
 
ジャストン先生:
債務か純資産。Tomochikaが投資するか、
Rei銀行が貸し付けるということ。分かった?

Tomochikaが投資するときには、割り当て分を決めて純資産を所有する。
「100,000ドルを投資するから、会社の10%を所有するよ」と彼は言う。
だから会社がお金を得たときは、取り分の10%はTomochikaが得る。
いまお金が必要だから、たくさんの会社がこうしているけど、
すぐにお金を返さないといけない訳じゃない。会社を売却するか、
会社が利益を得たときに返せば良い。
彼は会社の10%を所有しているということ。分かったかな?

これでみんなはファイナンスの専門家だ!(会場笑い) 
OK. じゃあみんなに10ドルをかけてクイズを出すよ。
損益計算書にとっての等式とは何か、教えてほしい。
誰かチームを代表して答えてくれないかな?(沈黙) 
考えてみて。何かマイナス何かイコール何か。誰かいない? …おっ、Kahn!
 
Kahn:
聴き取れず
 
ジャストン先生:
ブー! 誰か損益計算書の専門家が答えてくれない?
OK. 貸借対照表の等式は? 何かプラス何かイコール何か。
 
Kahn:
聴き取れず
 
ジャストン先生:
20ドル。いいよ、いいよ。それとKahnのチームに30ドル。
 
Chihiro:
え~!?
 
ジャストン先生:
最初に挑戦したい人は手を挙げて。
貸借対照表での何かプラス何かイコール何か。
OK. 挑戦してくれた人には50ドルあげるよ。 
…おっ、Rei! Rei! Rei! 何かプラス何かイコール何か。
Reiはもう分かっているよね。この3つの用語は何?
 
Rei:
負債?
 
Jジャストン先生:
資産。
 
Rei:
資産イコール負債プラス… 所有者や株主の… ええと、純資産…?
 
ジャストン先生:
OK, OK. 僕が言うよ。資産イコール負債プラス純資産。
パーフェクト。Good job. Chihiroのチームに50ドルあげよう。
Good job, Rei!(拍手)

OK. いまはこれで十分だよね。もし財務諸表について、
損益計算書、キャッシュフロー計算書、貸借対照表について、
何か分からないことがあればそのままにしてはいけない。
もし会計やファイナンスが分からなければ、
ビジネスの世界で不利になる。何かを成し遂げることはできない。

みんなはとても良いマーケッターになれる。
すごく革新的なことができる。すごいネゴシエーターになれる。
とても良いマネジャーになれる。
でも損益計算書や貸借対照表が分からなければ、
とても不利になるだろう。
みんなはお金のことを理解しないといけない。分かったかな?

CPAや会計士などの専門家になる必要はない。
経営者レベルの理解で良い。だから自分で勉強して。
家に帰ったらこのスライドを読むようにして。
それから「AccountingCoach.com」という、
ファイナンスの情報がたくさん載っている良い
ウェブサイトがあるからこれも見てみて。

みんながファイナンスを勉強すれば、ビジネスの世界で有利になる。
だからぜひファイナンスを学ぶことに時間を投資して。
このワークショップでは時間が足りないから。
勉強し続けて。ファイナンスと会計のことを家で勉強すると約束してくれるかな?
 
生徒全員:
はい。

ジャストン先生:
よし。なぜ学ぶのかというと、
有利に立ちたいからだよね。信じてほしい。


_________________

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
ファイナンスはとにかく覚えること、なんですね、、、
ルールがわかるかどうか、そこですねジャストン先生。

それでは明日からGW!また5/8にUPしまーす!



 ********************************************************

一般社団法人カピオンエデュケーションズ主催: 

高校生のビジネスと英語のサマーキャンプ 
GTE2017イノベーションチャレンジは申し込み受付中!詳しくはこちら


Twitter: 公式ツイッターGTE

facebook: GTEの公式FACEBOOK      


このページのトップヘ